img-responsive

売買契約にクーリングオフはありますか?

あります。

但し、クーリングオフが適用されるのは、下記の条件を、両方とも満たしている場合に限ります。

① 宅地建物取引業者が自ら売主となる売買契約で、

買主(その取引の相手方)が、宅地建物取引業者以外の方であること。

② 通常の契約場所(売主業者の事務所・店舗や仲介業者の事務所・店舗など)以外の場所で、

その売買契約が締結された場合。

しかし、下記の場合には、条件を満たしていたとしてもクーリングオフはできません。

※ 売主業者が、買主(購入申込者)に対して、

クーリングオフできる旨を書面で告知してから、八日以上経過したとき。

※ 買主が、既に物件の引渡しを受けていて、物件購入代金の全額を支払っているとき。

上記情報は変更・修正される場合があります。掲載内容と相違がある場合は現状を優先します。契約時に最終的な確認をお願いいたします。